無添加

ドッグフードの賞味期限は重要?

ドッグフードの賞味期限については、長いものは買わないようにすることが重要です。
なぜ賞味期限が長いのか?
考えてみると分かると思いますが、強力な保存料を使って腐らないようにしているからです。

特に、ドライドッグフードは乾燥しているから賞味期限は長くても大丈夫なんて思っている方は危険です。
ドライのドッグフードは1年よりも長い賞味期限であることが多いのですが、ほぼ間違いなく、人間には絶対に使ってはいけないレベルの添加物が入っています。

逆にナチュラルドッグフードと言われるものを調べてみるとわかると思いますが、これは大体開封後から1か月以内に食べきるようにという表示が書いてあります。
また、缶詰タイプの保存方法のものはある程度賞味期限が長くても大丈夫です。
開封タイプで賞味期限が長すぎるものは、犬にとって危険な添加物てんこ盛りの恐れがありますので気を付けましょう。

そのほか、海外産でも安いものは輸入の際に日本で作られた袋に詰められますが、そこで賞味期限が書き換えられるということも普通に行われています。
海外産の高級なドッグフードは愛犬家には人気が高いのですが、海外産のもので極端に安いものは賞味期限が本来のものから書き換えられている恐れもあるので、慎重になったほうがいいでしょう。

このページの先頭へ