無添加

ドッグフードの素材はどんな物?

ドッグフードの素材としては肉類、あとはとうもろこしなどの穀物です。
魚などが配合されているドッグフードも存在します。
基本的に犬は人間のように炭水化物はそこまで必要とせずタンパク質を中心とした食生活なので、穀物を一切使っていないドッグフードもあるほどです。

ちなみに犬は炭水化物や穀物を体内で分解できず、結果として吸収できないということもあるために肉類中心のドッグフードを選ぶ愛犬家がどうしても多いのです。
そして、そのようなタイプのドッグフードが日本では特に一般的な商品として売られています。

肉に関しては様々であり、牛肉やラム肉、鶏肉などを使っていたり、鹿の肉なんてものを使っているものもあります。
ただ、安価なドッグフードでは10キロで1000円~1500円などという値段で販売しているものもあるのですが、そのようなものの中には肉骨粉と言って動物の死骸をぐちゃぐちゃにしたものをタンパク源として配合しているものも多いのです。

特に、日本ではドッグフードにおける原材料表記の規制がそこまで厳しくないために、その肉がなんの肉なのか分からないまま犬に食べさせるという飼い主がたくさんいます。

一番大事なのはどんな栄養素が入っているかどうかではなく、犬にとって健康を害するものが入っていないかどうかであることを忘れないようにしておきましょう。



このページの先頭へ