無添加

猫が間違えてドッグフードを食べたけど、危険はあるの?

猫が間違えてドッグフードを食べても、特に問題はありません。
ただ、猫が必要なたんぱく質の量は犬よりも多いなどと言った生態上の違いがあるので、猫に継続してドッグフードを食べさせるのはやめておきましょう。

猫にとって、もっと危険なことは人間の食べる物を与えることです。
特に、ネギは非常に危険です。中毒症状につながる恐れがあり、貧血になり、最悪の場合は死亡することがあります。
長ネギや細ネギだけでなく、玉ネギやニンニクもダメです。
特に玉ネギはソースなどの調味料に原材料として使われていることも多いため、十分に気を付けるようにしましょう。

猫にとって大好物だと言われる青魚も、食べ過ぎることで炎症を引き起こしたり歩行困難になったりすることがあります。
よく食べるからといって、与えすぎないよう注意しましょう。

これ以にも、人間の食べ物は猫にとって塩分が強いので、与えないようにしましょう。
猫や犬は基本的に塩分を体外に排出する機能がないと言われています。
そのために、塩分の取りすぎは肝臓などの病気につながる恐れがあります。

このように摂取してはいけない食べ物をきちんと把握して、日頃から飼い主が気をつけてあげましょう。
人間と長く一緒に生きてきた犬や猫ですが、食べ物だけは同じにしないようにしてください。


このページの先頭へ