無添加

犬種によってドッグフードの好みは存在しているの?

大型種でも小型種でも、好きなドッグフードのタイプはそれぞれの犬によって違います。
ただ、どんな犬でも好きな種類のタンパク源があります。
それはラム肉とチキンです。
特に質の高いドッグフードでは、新鮮な羊を原料とするラム肉を配合している商品が多いです。

大量生産で安価で売られているドッグフードは原材料に死んだ動物の肉や骨を使っているので、おいしいわけがありません。
ですので、安いドッグフードから少し高いドッグフードに変えたとたんに食欲がすごく増したという犬が多くいます。

また、普段のドッグフードをあまり食べなくなったという犬にとって与えてあげるといいものが、トッピングとなるフードです。
鹿肉やチキンフレークなどのふりかけ状のものをいつものドッグフードに乗せるだけで、食いつきが良くなったという犬が多くいます。
しかし場合によっては、トッピングしか食べてくれないという犬もいるらしく、そのような犬は愛犬家にとって非常に大きな悩みの種となります。

そのほか、子犬なのに成犬用のドッグフードしか食べないといった話や、キャットフードを食べたらそれしか食べなくなったなど、犬の好みはたまに人間の想像を超えている場合もあるようです。



このページの先頭へ