無添加

1日何回ドッグフードを与えるのがベストですか?

ドッグフードを与えるタイミングについて、成犬の場合であれば基本は午前と午後の1日2回食がベストです。
ちなみに、犬が大人(成犬)とみなされるのは、生後9か月頃からです。

それ以前はまだ体が小さいので、もっと細かい回数でドッグフードを与えるのが普通です。
特に、生まれてから3か月くらいまでは一度に食べる量が少ないので、4回以上に分けて与えたほうがいいでしょう。
少しずつ体が大きくなってくるにつれて、3回、2回と調整していくのがベストです。

成犬期では1日1回しか食事を与えないという愛犬家の方もおられるようですが、大型の犬では胃捻転を引き起こす可能性もあることから、やはり2回に分けるのがよいと言われています。
生後8年目以降の犬は消化吸収能力に衰えがではじめるため、3回から4回くらいに分けてドッグフードを与えたほうが内臓への負担が少なくなります。
このように、ドッグフードは犬の状態や年齢によって与える回数が違ってきます。

それ以外で考慮しておくべきことは、1回の食べる量を増やしすぎないことです。
1回で食べる量を増やし過ぎると、肥満になる恐れがあります。
犬の健康のためにも適切な回数、量を守ることをお勧めします。

このページの先頭へ