無添加

動物病院のドッグフードとペットショップのドッグフードの相違点とは?

動物病院のドッグフードに比べて、ホームセンターのペットコーナーなどで売られているドッグフードは粗悪なものが少なくありません。
しかも、ほとんどの飼い主がなるべく安いものを買い求める傾向があるので、メーカー側も安い原材料を使って安く仕上げた商品を売る、という傾向が進んでいます。

その結果、最も差が生じるのは安全性です。

ホームセンターなどで売られているドッグフードは、安全なものと危険なものの見分けがつけにくくなっています。
安いものだと、人間の食品には決して入れてはいけないレベルの危険な食品添加物が入っていることが多く、原材料も死んだ動物や病気になった動物の肉をこまかく砕いたものを入れている場合が多く、粗悪なタンパク源によって作られています。
それを綺麗なパッケージで覆ってあるので、素人には安全性を見極めることは困難です。

それに対して動物病院のドッグフードでは、医師の診断によって今の犬の状態に最適なドッグフードを奨めてくれます。ホームセンターのような粗悪な商品はなく、人間が口にするような新鮮な動物の肉を原料として、危険な添加物を入れていない無添加ドッグフードを販売しています。

結果として、どうしても料金的には高額になってしまうのですが、愛犬の健康のことを考えて是非選んであげたいものです。

このページの先頭へ